バイクの鍵を交換できるのはバイク屋さんです

毎日私はモペットに乗っていて、トラブルに不安な人がたくさんいます。

特に失われた鍵に関して、あなたは旅行の手段を失い、盗まれることを心配しています。

マスターキーを紛失したときは、それを静かに処理することが重要です。

しかし、具体的に何をチェックするのか困っている人が多いと思います。

したがって、今回は、モペットの鍵を紛失したときの措置と点検すべき事項を要約しました。

元の鍵を失った場合は、まずそれをチェックしてください

あなたがマスターの鍵を失うと、他の鍵のように考えることができるポケットや袋を探すのが効果的です。

モペットのために考えられる場所があるので、どのような確認をするか見てみましょう。

自分自身で調べて

ときにはキーがコートや他のコートポケットに入っていることがあります。

あなたが急いで行動する場合、あなたが取る行動はあいまいであり、あなたの記憶を鮮やかに覚えておくことは難しいかもしれません。

私が着ている服には多くの場合があるので、私が着るものはすべて調べることが重要です。

あなたが感じる場所を確認する

どのくらいキーを持っているかを知っていることを静かに覚えておいてください。

近くにいない場合は、誰かがすでに駅や警察で拾っている可能性があります。

また、急いでトイレに行く場合は、駅に行くような行動をとってください。キーを紛失した瞬間は理解しづらいです。

あなたが静かに従ったやり方を振り返ってみると、予期せぬ場所でそれを見つけることができます。

主人の体に留まる

あなたがいろいろな場所を探していますが見つからない場合は、モペットまたはスクーターボックスに残っている可能性があります。

無意識に閉じたキーで閉じてもかまいません。

マスターキーまたはスペアキーがある場合

モペットのようなグローブコンパートメントはキーがなければ開かないので、キーとキーの使用に対処する一般的な方法です。

モペットを購入するときにスペアキーを入手し、緊急時に備えて準備しておくと、事前にトラブルを防ぐのが容易になります。

そのためには、問題に対処するために別々のキーを保持することが重要です。

スペアキーを家に持ち、輸送手段がある場合は、一度持ち上げて戻すのが適切です。

しかし、あなたが遠くにいるなら、鍵を取ることに戻るのは難しいです。

そのような場合は、あなたの家族があなたに連絡して持ち込むか、道路サービスなどに連絡するオプションの1つです。

マスターの鍵を失ったときに警察に通知する

マスターの鍵を失うときには個人的なものを探すことも重要ですが、万一の準備に備えて警察に報告することも重要です。

第三者が鍵を受け取った場合、誤用の危険がありますので、防犯対策の通知を提出することをお勧めします。

警察に届け出るときは、あなたが登録している住所の管轄だけでなく、隣の警察や住宅地でも行うことができます。

紛失した品目通知を作成するには、IDと住所と名前を記述する必要があります。

その後に紛失物が見つかった場合は、通知に記載されている電話番号に連絡するのが一般的な流れです。

遠く離れている場合は、インターネットから紛失したものを検索し、マスターキーが配信されているかどうかを確認できます。

ただし、紛失した商品が納品された後に検索するまでには時間がかかると言われています。

すぐに鍵が必要な場合は、最寄りの警察署に、あなたが直接通知した警察署に連絡してください。

それを受け取るためには、運転免許証や健康保険証などの身元を識別できるものが必要です。紛失した商品を手に入れたときに持ち出すことが重要です。

オリジナルのキーを紛失してもキーを作成できますか?

私は目的地で私のマスターの鍵を紛失しました。私は手元に予備の鍵を持っていません。

それでもあなたは鍵の作成を要求することができます。

マスターキーがなくても、業者によってメーカーの種類、型式、年式などを判別することができます

特に、国内生産車の普及率が高い場合は、比較的短時間で生産することが可能です。しかし、所有車に輸入車やイモビライザーがあれば、鍵を作ることは不可能であると考えられる。

要請する際には、身分証明書を提示する必要があります。

防犯装置であるイモビライザーは、車で振り回されたID番号が一致しない限り、エンジンをかけることができません。

したがって、複製するのは基本的に難しく、製造元に新しい注文をする必要があります。

あなたが鍵でロックしてそれを取り出すことが不可能な場合は、ロックを解除する前にロックを解除するようクリエイターに依頼する必要があります。

オリジナルのキーを紛失したため強制的に開いた場合はどうなりますか?

マスターキーを紛失してBOXを検索するために強制的に開くアクションは推奨できません。

自分でピッキングすると、細いものを押して回転しようとすると、鍵穴が変形することがあります。

また、キーホールの詰まりの原因となる異物が内部で壊れてしまい、注意が必要です。

鍵は正しい方向に回転されない限り開かないように構成されているため、鍵を強制的に回転させても鍵を解くことは困難です。

さらに問題に発展する可能性があります。

潤滑剤を使用しても、状態は変化しません。

正しい知識と構造を理解できない場合は、基本的にキーまたはスペアのキーを使用することが重要です。

多少の異物が目立たない場合は、ディーラーが引き抜かれる可能性があります。

しかし、あなたがそれに没頭すれば、対処が難しくなり、すべての鍵穴を交換する必要があるかもしれません。

マスターの鍵交換は約15,000〜20,000円と言われています。

離れた場所に対応する出張をすると、それ以上の費用がかかります。

あなたが鍵を紛失し、あなたが鍵を修理したり交換したりする必要がある場合、あなたは多くを失います。

そのため、マスターキーを紛失したときに適切な対策を講ずることが重要です。

目的地でマスターキーを紛失した場合、

目的地で元のマスターキーを紛失した場合は、スペアキー、荷役サービスに頼ってJAFに尋ねるなどの対策を考えることができます。

しかし、何らかの手段をとることが難しい場合は、キーオープナーに尋ねることになります。

出張の対応をしている業者もあり、遠くからでも利用可能です。

マスターキーの紛失がメイドインなどの拘束であれば、約8,000円〜15,000円かかります。

ただし、業者によってコストが変動することが予想されるため、電話相談で事前に確認することをお勧めします。

一部の業者はリクエストをキャンセルし、それほど理解できない場合はリクエストを取り消すことができます。

その場合にも、連絡するときに質問すると困惑することになります。

しかし、業者に尋ねるときは、安い費用で決めるのではありません。

24時間対応が可能かどうか、作業内容が明確かどうかを判断することが重要です。

また、困ったときに相談するよう業者を絞り込んで、あなたの場合に備えて効果的です。

インターネットをフルに活用して各業者の詳細情報を調べると、トラブルが発生したときにスムーズに進めることができます。

オリジナルのキーを紛失した場合に備えて、何を作成する必要がありますか?

オリジナルの鍵を忘れ、業者に作成を依頼する場合は、必要なことを明確にしましょう。

私たちは基本的に必要なものを要約しますので、私はそれを確認します。

運転免許証

自分を偽装することを防ぐためには、自分自身であるかどうかを確認する必要があります。

あなたが本当にモペットの所有者であることを証明し、適切に働かせるものを提示してください。

強制車両賠償責任保険賞および譲渡証明書

オーナー自身であることを確認する目的がありますが、第三者の道徳ではないかどうかを確認する必要があります。

業者によっては、自分以外のものを受け入れることができない場合もあり、会社の財産に対応できない場合もあります。

正当な理由があるかどうかをリクエストできる可能性があります。

そうすることで、従業員の身分証明書や名刺などを提示するよう求められることがあります。常に準備しましょう。

まとめ

元のキーの場合、本体に拘束される可能性があり、見つけ出す場所がたくさんあります。

あなたがそれを見つけることができないからといって、二次的なダメージを受ける危険があるので自分自身を破ることができるので、私たちは推薦できません。

キーが破損した場合、キーホールが破損していると、余分な費用がかかることがあります。

できるだけそれを扱うことができる会社にそれを残すことは効果的です。

マーチャントを選ぶときは、すぐに対応できる業者、正確に作業できる業者などを選択することが重要です

関連記事

ページの先頭へ